新築物件を購入する時のポイント【実績の上げている不動産屋に相談】

ニュース一覧

将来のために

婦人

転倒とヒートショック対策

埼玉県でも注文住宅は歳をとってからも安心して利用できる風呂やトイレ、設備を整えることが可能になります。風呂場では転倒防止のため床は乾きやすくて滑りにくい素材のものにすることです。そして浴槽の高さを低くすることも重要になります。仮に転倒した場合でも、浴室の扉を割れにくいアクリルガラスにしておくことで大きな怪我を防ぐことができます。また浴室と脱衣所のあいだの段差をなくし、ヒートショック対策として脱衣所にも、ヒーターを入れ温度差をなくすことです。注文住宅のトイレも転倒やヒートショック対策として、寝室の近くに設置することで危険を最小限にできます。そして必要な場所に手すりをつけ、なるべく面積を広くすることで車椅子や介護する人が動きやすくなります。もし可能なら寝室から直接トイレに入れるように作り、別の出入口を設置して風呂と脱衣所、洗面所を繋げることです。全部が一続きになることでさらに使いやすくなります。そして埼玉県の注文住宅でもトイレの数は大切です。高齢の方が使うトイレ以外にもう1箇所作るとよいでしょう。高齢で体が不自由な場合、使用している時間がどうしても長くなってしまいます。使用中に他の人が使いたいときは我慢しなくてはなりません。日常で何回もあると、お互いが気を使いストレスが貯まります。2つあれば気にすることがなくなり便利です。また埼玉県の注文住宅での設備では、主に火に気をつけることです。消し忘れなどによる引火など、財産や命の危険に直接関係してきます。不安を取り除くための方法としてオール電化があります。慣れるのに少し時間がかかりますが、オール電化にすることの恩恵は大きいです。そして費用面でも以前に比べて、かなり安くなっています。埼玉県で注文住宅を建てるとき、これらのことを最初から設置しておけば歳をとってからも安心です。

Copyright© 2018 新築物件を購入する時のポイント【実績の上げている不動産屋に相談】 All Rights Reserved.